企業法務とは

弁護士というと、法律でのトラブルが起きた時に関わるとか、高収入というイメージが先行してきちんした仕事内容はあまり知られていません。
テレビのドラマでよく目にする裁判での弁護がすぐに思い浮かびますが、それは仕事のごく一部で他にも様々な仕事があります。
どちらかというと裁判以外の場での仕事がほとんどの仕事内容を占めます。

企業法務とは、簡単にいうと企業で行う法律業務です。
もちろん、企業の弁護士として雇われているため、企業やその職員が訴えられたら裁判に出向いて弁護士としての仕事を行います。
しかし、それ以外にもたくさんの仕事があります。
以前は、弁護士というと裁判で被害者や加害者のために戦うのがメインの仕事でしたが、最近では法律の縛りが厳しくなってきたことによって、仕事の幅が広がっています。
そのため、弁護士でありながら裁判で誰かの弁護を行うよりも他の仕事をしている時間の方が長い人も増えています。
その中で多くの弁護士が手がけている仕事が企業法務で、最近では企業法務専門の弁護士事務所もあります。

企業法務は企業が関わる法律全般を担当するため、一般的な弁護士や法学部での勉強では足りない知識がたくさんあります。
そのため、企業法務の仕事に就きたいと考えた場合、法律知識以外にもたくさんの知識を身につける必要があります。
そこで、ここでは一般的な弁護士になる方法と、企業法務を取り扱うために必要な知識について紹介していきます。



[Special Link]
企業で行う法律業務を任せる顧問弁護士と低価格で契約できます === 顧問弁護士